結婚式のアクセサリー

結婚式のアクセサリー結婚式に呼ばれたとき着ていくドレスには気を使いますが、アクセサリーについてはドレスに合うものとしか考えないかもしれません。でもアクセサリーについても結婚式に着けて行ってはいけない物が有ります。花嫁とかぶりそうな物は避けるようにするのはもちろんですが、あまりキラキラがした物も避けるようにしましょう。
お目立たい場なので、殺生を想像させるようなファーや革製品、アニマル柄のようなのは、年配の方や縁起を気にするような人には嫌がられるので、使わないほうが無難です。またこれ見よがしにブランド名が入ったものも下品に思われてしまいます。
昼と夜ではつけて良いものに違いがあります。昼にはキラキラしたものをつけていると、写真を撮るときにフラッシュに反射することがあるからです。反対に夜の場合はダイヤモンド等の光るものを選ぶと素敵です。昔からフォーマルな場所には真珠と言われていますが、昼夜を問わずにつけていけますし結婚式では1連でも2連でも大丈夫です。

結婚式に参列する際のピアスのマナーについて

結婚式に参列する際のピアスのマナーについて結婚式にゲストとして足を運ぶ際には、身嗜みに気をつけなくてはなりませんが、その中でも悩むのはピアスという人が多いです。付けてはいけないという決まりはありませんが、フォーマルな場に適しているタイプを選ぶことが必須となってきます。
基本的には、上品でありドレスの格にあったものを選ぶことがマナーです。昼間の結婚式では、あまりきらびやかなものは写真撮影の際にフラッシュに反射してしまうこともあるので避けるべきですが、夜に行われる結婚式では、きらびやかなものの方が喜ばれます。パールのタイプはフォーマルなシーンで万能であり、結婚式にも適していますが、その際に黒のパールは葬式を連想させてしまうので選ばないようにしておきましょう。和装には適していないと考える人も多いので、悩んだ際には身につけないようにするか、目立たない小さなものを選ぶべきです。男性のピアスは嫌がられることもあるので、参加する式に合わせることが大切です。