結婚式に参列する男性の服装マナー|靴の選び方

結婚式に参列する男性の服装マナー|靴の選び方 結婚式はお祝いの席だから、お葬式のようにうるさいマナーはありませんが、やはり男性もオシャレな服装で列席すれば周囲にも好印象を持ってもらえます、特に気を付けたいのが靴です。
仕事の時に使っているものでいいやと思うかもしれませんが、結婚式にふさわしい物を選ぶようにしましょう。
結婚式ではフォーマルな服装で列席すると思うので、革靴の中でも紐付きのものを選ぶのが基本です。
紐付きのものの中でもいくつか種類があります。
特徴的なのがつま先です。
つま先の近くに横に一本線が入っているタイプをストレートチップというのですが、こちらのタイプがフォーマルの場ではふさわしいものになります。
つま先に特徴がないタイプのプレーントゥも間違いではないので履いていっても大丈夫です。
結婚式のような華やかな場に出席するときには、しっかりと磨いて艶を出しておくことも大切です。
せっかく正しい選択ができたのに汚れていたりすれば台無しなので気を付けましょう。

結婚式で男性の服装に合わせる靴下はどんな色がいい

結婚式で男性の服装に合わせる靴下はどんな色がいい 結婚式の男性の服装はスーツとネクタイです。
ですが、素敵な服装でビシッときめても靴下が変だと台無しです。
見られていないようでしっかりと見られているのが靴下。
結婚式でスマートに振舞っていても、足元がメチャクチャだと恥ずかしい思いをすることになります。
結婚式に履いていい色は、スーツと合わせた場合は黒だけだと心得ましょう。
おめでたい席だからとカラフルなものや派手なものを履いていくと、新郎新婦にもとても失礼です。
ネクタイが白だと同じ色のほうがいいのではないかと思う人もいますが、大人の男性が白はよくありません。
もちろん花婿である新郎が白のタキシードを着用している時は例外です。
ゲストとして招かれたときは、黒いものを準備しておくといいです。
また、結婚式にスニーカーソックスを履かないようにします。
スーツと合わせる時は、ミドル丈が基本です。
だからといって、あまり丈が短いくるぶしが見えてしまうようなものは、座ったときに足が見えてしまうのでよくありません。
ミドル丈のものを選ぶと覚えておきましょう。