結婚式に参列する男性の服装マナー

結婚式に参列する男性の服装マナー 結婚式自体はより、カジュアル化しているため、以前なら違和感があった服装でも問題ないケースが増えてきているように感じます。
男性のスーツを例に取れば、ブラック以外にもネイビーやグレーも今や定番といっても過言ではありません。
靴に関しては、黒か茶色が無難です。
ちなみに、ビジネスシューズを代用しても全く問題ありませんので安心して下さい。
(ダメージのある靴を選ばないように注意して下さい。
足元だけでもイメージが大きく変わります)腕時計は機能性よりも見た目の華やかさにこだわってもよいのではないでしょうか。
極端にならなければブランド品の腕時計をするのもありかと思います。
結婚式の出席者に違和感を与えないよう髪型は清潔感を優先してほしいです。

男性が結婚式に着る服装のマナーについて!

男性が結婚式に着る服装のマナーについて! 結婚式は様々なマナーがあり、服装はその中でも特に気をつける必要があります。
男性の場合、望ましくない服装としてまず挙げられるのが白色のスーツです。
白色はシンプルな色で合わせやすいため着たいと考えている方も多いと思いますが、新郎新婦が着るカラーとされているため望ましくありません。
また、白色だけでなく明るいグレーやピンクなどよく見ないと白色に見えるカラーはおすすめできません。
結婚式当日は新郎新婦が主役なので、被りそうなカラーは避けた方が良いでしょう。
一般的には主役を引き立てるため、ゲストは黒色やダークカラーのスーツを選ぶのが一般的です。
ただし、黒色が一般的と言っても黒のスーツにベストやネクタイなど全身黒色にするとお葬式に行くような雰囲気になります。
黒のスーツを着るならネクタイは黒色以外にするなど、全身黒色にならないように工夫しましょう。
さらに、明るすぎる色や派手な柄が入ったスーツやシャツなども避ける必要があります。
派手な色や柄モノを着ると新郎新婦よりも目立つ恐れがあるからです。
シャツもネクタイも白地で無地なものを選ぶのがマナーです。
このように結婚式には様々なマナーがあるので、適した服装で出かけるように心がけましょう。

おすすめ情報

熊本 結婚式